英語が話せない海外駐在員がオンライン英会話で英語をペラペラに話すまでの軌跡<情報編>

英語ができない危機感しかない

TOEIC450点(※4年前は600点)の海外駐在員の私が、英語を聞く、話す、書けるまでの軌跡を記録しようと思います。

これがモチベーションになれば良いですが…

 

この時点で、多くの疑問があがりますね。

 

いやいや、なんで?なんで?
  • なんで、そんなTOEICの点数で海外駐在してんの?
  • なんで、TOEICの点数下がってるの?
  • なんで、オンライン英会話なの?
  • なんで、今始めるの?

一個ずつ答えます。

なんで、そんなTOEICの点数で海外駐在してんの?

具体的な国は、いずれ明かすかもしれませんが

とにかく、海外で働きたかったからです。

 

シンプルに海外で働きたかった。

 

その背景にあるのは、約4年間の日本での社会人経験です。

今考えると、そのうち3年間は絶望的な時間の浪費だったと思っています。

日本で絶望 → 逃げたい → 海外へ行こう

この思考です。ただ、根底には海外で働くという憧れがありました。

縁あって、海外の会社に拾ってもらい、働いています。

 

なんで、TOEICの点数下がってるの?

大学卒業時にTOEIC600点を取得しました。

就活用にとりましたが、役に立つことはありませんでした。

それ以来、私の英語力は残酷なほどに、低下してしまいました。

なんで、オンライン英会話なの?

 

安い

そして海外でもできる

なんで、今始めるの?

英語が話せない、聞けない危機感

 

仕事をする上で、コミュニケーションは必須。

もうこれ、基本中の基本ですが、この根底がもう揺らいでいるからです。

やるしかない。

とりあえずDMM英会話で

特に理由はないけれどDMM英会話で始めようかと思います。

まだ、有料会員にはなっていないので、他のオンライン英会話も試す予定。

 

ただ、裸一貫無防備で望むわけではない。

ちゃんとした、準備をします。

 

まずは、自己紹介、趣味、仕事、他よく聞かれる質問を全て書き出します。

必ず聞かれるであろう質問は、あらかじめ考えておこうっと

 

 

こんなにも素材が落ちている。

これを利用するほかない!

 

I can accept failure, everyone fails at something. But I can’t accept not trying.
失敗をすることは耐えられるが、挑戦しないでいることは耐えられない。
Michael Jordan (マイケル・ジョーダン)

コメントを残す